挨拶の記事にて若干触れましたが、人狼の基本的な流れについて説明します。

なお、PSO2での人狼の基本的な流れはあくまでPSO2内でのみです!

他所で人狼を遊ぶ際はその場所のルールの確認やマナーの確認をお願いします。


初日【朝】

進行役が役職を伝える時間です。


初日【昼】

皆が挨拶をする時間になります。

村人はここで人狼の噂を聞きます。


例:隣村にて人狼が出て村人が全滅したという噂を聞きました。噂が本当かどうか確かめる為、村長のドゥドゥは隣村へ出かけていきました。等


初日【夜】

人狼と共有者がそれぞれ会話できる時間です。

村人は寝ている時間となります。

(寝言ぐらいならいいですが、程々にお願いします。理由は人狼役や共有者役の方のログが流れてしまう為です。)


この日は初日犠牲者が決まっています。

例:死亡フラグ満載なドゥドゥさんとか進行役とかでもOK(NPCが初日犠牲者)

二日目【朝】

初日犠牲者の死体が発見されます。


二日目【昼】

ここから本格的に人狼を探す時間になります。

役職持ちの村人はここで自分の役職を打ち明けてもいいし、打ち明けなくてもいいです。

※村人騙りは特に禁止していませんが、他の村人の信用度が下がる可能性もあるのでリスクを踏まえたうえで考えてみるといいかもしれません。

具体的なセオリーについては省きます。


二日目【夕】

村人が人狼だと思う人に投票をし、処刑する時間です。

もちろん村人に紛れ込んでいる人狼も投票ができます。

※進行役さん次第では投票先が公開される可能性もあります。

人狼は夕方も会話が可能です。


二日目【夜】

占い師が1人の村人を指定して占える時間です。

霊媒師はその日処刑された方が村人か人狼か進行役さんから教えてもらえます。

狩人は自分以外の村人を護衛対象として指定できます。

※なお、護衛指定無しという判断は基本的にありません(推理が破綻する恐れがある為)

人狼はどの村人を捕食するか指定できます。


村人は寝ている時間です(初日夜と同じ感じで)


初日と同じく人狼と共有者はそれぞれ会話できる時間になっています。

三日目【朝】

人狼による犠牲者の死体が発見されます。

これ以降は勝敗がつくまで二日目の流れを繰り返します。

PSO2内で私ことApfelが進行役を務める場合は、こういった流れでやる予定です。

なお、他の進行役さんの時はその人のルールに合わせてください。



『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/